卍BLEACH解卍BLEACH解 2015年08月

ペルニダの逆襲!!そしてネムの本当の名前!?

まさかのネムの素性がここで明らかな二なる形ですかね?ペルニダの正体も今だに気になりますが口調がだいぶ変わるところも興味ぶかいネ←あれ?w

マユリとネムの活躍に期待です






…最初に 私が 目を覚ました時

あなたが 私を 何と呼んだか 覚えていますか




私は その名が とても 好きでした…

マユリ「目が覚めたかネ お早う***」



改造卍解の疋殺地蔵より産まれた疋殺地蔵がペルニダを食べる

高笑いするマユリ「ハハハハハハ さて、腹の具合はどうかネ疋殺地蔵 丸呑みだから多少時間はかかりそうだが

しかし最後の情報で咄嗟に歯の無い個体として産ませて正解だったネ 噛み切って腹の中で増えられたら疋殺地蔵といえど保つまい」

その時、疋殺地蔵が「ぎっ」と言う

マユリ「…!?」




中から破裂する疋殺地蔵

すぐさま距離をとるマユリ

マユリに矢が飛んでくるがかわす

ペルニダ「フ…フハハハハハハッ 似テル?君ノマネ 君忘レテル ペルニダ滅却師」

目を見開くマユリ

ペルニダ「弓矢デ敵 殺セル」




目を細めるマユリ「…イヤイヤ…忘レテルも何も 霊王の左腕が自らを滅却師だ等と…

恥知らずな事を吐くとは思いもしなかっただけだヨ!」

ペルニダ「…恥知ラズ?何ガ恥知ラズ?」

千切った指が再生するペルニダ「…滅却師を名乗る事が恥知らずとはどういう事だ 余はもとより滅却師である」

マユリ「…!」

ペルニダ「君ハホントニズット滅却師ノワルクチバカリデ嫌ニナルネッ」

マユリ「(何だ今のは…一瞬喋り方が変わった 確かに奴の語彙自体も戦闘開始から少しずつ増えている様だ

霊王としての記憶を取り戻しつつあるのか…?それとも何らかの方法で進化し始めている…?)」

それぞれの指から弓を出すペルニダ

5本の矢が同時にマユリを襲う

かわすマユリだったが「(矢に神経が繋がっている…!)」

神経に触れられた左腕をすぐさま爆発させるマユリ

かわした矢は地面に走らせた神経が包んで矢そのものを曲げて再びマユリへと飛んでいく

それを冷静に見ているマユリだったが「(くそッ此は当たるネ)」




そこにネムが出てきて矢を手で掴む

矢を止めた手をすぐさま斬り落とすネム

落ちていくネムの頭を掴んで少し遠くへ離れるマユリ

ネムを投げつけるマユリ「馬鹿が!命令も無いのに何故出てきた!あのまま地表に落ちれば肉団子になるところだヨ!」

ネム「盾が必要な戦いだと判断しました」

マユリ「自らの判断で加勢して良い等と教えた覚えは無いヨ」

ネム「…はい 教えられてはいません」

マユリ「…私が教えてもいない事を勝手に学んだとでも言うのかネ…」

ネム「…わかりません」

マユリ「…ネム、いや眠七號」



マユリ「…黒崎一護の一団が現れてからというもの 夥しい程の戦いを経て 私はお前に多くの事を教え過ぎた

“次のお前” を “今のお前” と同じに育てるのにどれ程の負担が私にかかるかお前に解るのかネ?」

ネム「…わかりません」

マユリ「わからんなら自分の判断でなど動くな!お前に自らの判断で死ぬ自由など無い!お前が死ぬのは私が死ねと命令した時だ!わかったら立て!」

ネム「…はいわかりました…マユリ様」


bleach-6021781.jpg

bleach-6021787.jpg

bleach-6021793.jpg

bleach-6021799.jpg

bleach-6021805.jpg

bleach-6021811.jpg

bleach-6021817.jpg

bleach-6021823.jpg

bleach-6021829.jpg

bleach-6021835.jpg

bleach-6021841.jpg

bleach-6021847.jpg

bleach-6021853.jpg

bleach-6021859.jpg

bleach-6021865.jpg

bleach-6021871.jpg

bleach-6021877.jpg

bleach-6021883.jpg

bleach-6021889.jpg
スポンサーサイト

BLEACH 改造卍解!?マユリの新能力

マユリさんの改造卍解で出てきた赤ちゃんが「おぎゃあああ!」って言ってますけどその姿を見たこっちが「うぎゃああ!」です

まあまたなんともいえない外見で登場しちゃって・・・それに卍解まで改造するってどこまで手を出すんですかw

今回は毒では無く捕食するタイプでしたねザエルアポロ戦以来ですねw





検体の為にペルニダの小指を分断させたマユリ

しかしその小指も目を開き襲ってくる

一瞬の判断で攻撃された右腕の神経構造を変えて凌いだマユリ

「…不出来だネ 久しく片腕手術をしていなかったから勘が鈍ったか 無様な事だヨ」

ペルニダ「無様 ッテ イマアセッテル キミノコト?」

マユリ「そう見えるかネ」

ペルニダ「モウ少シ アセル?」



小指から指が生えて左手の形になりマユリへと向かう


マユリは何か(薬品?)を投げつけてその手を吹き飛ばす

マユリ「…もげた指はまた別の左手になるのか バラして持ち帰るという訳にはいかん様だネ」

その時、ゴリュ…という音が聞こえる

自らの中指を引きちぎったペルニダ「モウ少シ アセル? アッ目ニちガッ イタタイタタ」



マユリ「…成程 若い頃、目にした書物にこうあった 霊王の右手は静止 左手は前進を司る…と

書物で得た知識は所詮知識でしかない 自らの手で実証するまでは信じない質なんだが

その両方をこうも立て続けに体験する事になるとはネ… 全く素晴らしい戦いだヨ」

3体となったペルニダ

刀に手をかけるマユリ「卍解」

弓親「まずい、金色疋殺地蔵だ 金色疋殺地蔵は巨体で圧倒するだけじゃなく猛毒を半径100間に撒き散らす事もできたはず!

涅隊長はあいつを毒殺するつもりだ!更木隊長を連れて離れよう!」

マユリ「毒殺だって?そんな勿体無い事するものかネ さァ今、私の得た情報で漸く臨月だヨ 金色疋殺地蔵 魔胎伏印症体」

剣八を背負って離れる一角「…な…何だありゃあ…!?」




マユリ「改造卍解だ 魔胎伏印症体は私が金色疋殺地蔵を改造して造った異形態

その能力は戦闘中に私が送り込んだ情報を基に新たな疋殺地蔵を産み落とす事 意味が解らんかネ 見れば解る」




新たな疋殺地蔵が中から産声と共に産まれてくる

マユリ「この疋殺地蔵は神経が体表にある」

産まれ落ちてきた疋殺地蔵が地面に触れ、叫び声を上げる

マユリ「だから空気に触れても地面に触れても激痛が走る訳だが…まァそれは置いといてだ」

ペルニダの神経攻撃が疋殺地蔵に触れる

マユリ「重要なのはその体表の神経が七万の層に分かれているという事 つまり君らがこいつに神経を打ち込んでも表面1枚折り畳んで終わり」

3体のペルニダを食べる疋殺地蔵

マユリ「どうした 抵抗しても構わんのだヨ 全身呑み込まれる前に神経を七万回打ち込めるのならネ」

口に入っていくペルニダと眼が合い、ニタァと笑うマユリ

完全に食べられたペルニダ


その様子を物陰から見ているネム



bleach-5974603.jpg

bleach-5974609.jpg

bleach-5974615.jpg

bleach-5974621.jpg


bleach-5974627.jpg



bleach-5974633.jpg

bleach-5974639.jpg

bleach-5974645.jpg

bleach-5974651.jpg


bleach-5974657.jpg

bleach-5974663.jpg

bleach-5974669.jpg

bleach-5974675.jpg

bleach-5974681.jpg

bleach-5974687.jpg

bleach-5974693.jpg

BLEACH 悪意沸沸滑稽ノ極ミ

マユリさんいい顔してますねーw

自分の体の臓器のダミーをすぐ用意してしまうくらいですから筋肉や神経などの配置を変えるのもマユリさんならお手の物ですねw

さてマユリの策がどこまで通用するか見物ですね





正体を現したペルニダ

片言ながら言葉を喋りだす

マユリ「ン?何だって?もっと大きな声で言い給えヨ」

ペルニダ「ヒダリ…ウデ ナマエ…チガウ…ナマエ…ペルニダ… ペルニダ…パルンカジャス…」

マユリ「長いネ そもそも発見者は私であって君ではないのだから命名権は私にある」

一角「無茶苦茶言ってんぞ」

弓親「いつもでしょ」

マユリ「だがマア、本人からの申請だ 今回だけは特例として認めてやらん事も無い ただしスペルはこちらで決めさせて貰うがネ」

ペルニダ「…イ…イッテル…イミ…ワカラナイ…」

一角「安心しろ 俺らもわからねぇ」

ネム「私はわかりますけど」

ペルニダ「ワカラナイ…コト…ダイタイ…ワルクチ…オマエ…テキ…テキノイウワルクチ…クインシーノワルクチ!許サナイ!」

神経が地面に入ってゆく




そして地面で掌を創る

マユリ「何と…無機物にも神経を通す事ができるとは…予想外だ 良いネ」

その掌の攻撃をかわすマユリ、左手を建物の屋上にひっかけて上へとあがっていく

すると壁にも神経を巡らせてまた掌を創り攻撃する

マユリはひっかけていた左手を放して空中へとかわす「フン」

しかし空中に出たマユリは地面の掌と壁の掌で挟まれる

するとカチッという音の後、爆発が起きる

一角「く…涅隊長が爆発したッ!?」

掌の間から余裕の表情で落ちてくるマユリ「喚くな、只の爆発反応装甲だヨ 解説はしない、各々辞書で調べ給え」

弓親「だめだ涅隊長!そのまま下りるとあいつの神経が…」

地面にはペルニダの神経が張り巡らせられている

ニィッと笑うマユリはパチンとなにかのスイッチを入れる




すると円状の足場ができて浮かぶマユリ

ペルニダ「!?」

マユリ「見覚えがあるかネ?当然だ これは君等滅却師の使う空中歩法…飛廉脚だヨ

尤もこれは石田宗弦と石田雨竜の用いていた呼称であるから本来の滅却師の用いる呼称は別なものがあるのかも知れんがネ

ともかく…君が神経をこの地面全てに張り巡らせようとも 踏みさえしなければ何の意味も無いという事…だヨッ!」

糸状のものを投げるマユリ(その先には顔がついており “いやだァァ…” と言っている)

それはペルニダの小指に絡みつく

マユリ「では予定通り検体を頂こう」

爆発して小指がマユリの目の前に落ちてくる

悲痛の叫びを上げるペルニダ

すぐさま保護薬液をかけるマユリ「しみるかネ 戦いが一段落したら保管水槽を作るからそれまでこれで鮮度を保つ」

震えだす小指…

次の瞬間、小指も眼を開き神経でマユリの右手を襲う

マユリ「何ッ…」

マユリの小指があらぬ方向へと曲がりだす



するとマユリは左手に対して右腕で素早く何かをする




マユリ「神経・血管・筋肉の配置を組み変えた… そう易々と私の体を支配できると思うなヨ、ペルニダ…」

2つの眼でマユリを睨む様に見るペルニダ



bleach-5887159.jpg

bleach-5887165.jpg

bleach-5887171.jpg

bleach-5887177.jpg

bleach-5887183.jpg

bleach-5887189.jpg

bleach-5887195.jpg

bleach-5887201.jpg

bleach-5887207.jpg

bleach-5887213.jpg

bleach-5887219.jpg

bleach-5887225.jpg

bleach-5887231.jpg

bleach-5887237.jpg

bleach-5887243.jpg

bleach-5887249.jpg

bleach-5887255.jpg
プロフィール

Hollowichigo

Author:Hollowichigo
BLEACHについてのアニメ・ゲーム・漫画についての情報を掲載していきたと思っています。BLEACHの好きな方は、どうぞ見ていってください。

アイコンはpixiv絵師LION様より許可を得て使用しています。

https://twitter.com/6g6tay7a

ブレソル ID 82 211 724

FGO コード 488,813,648

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
BLEACH ジャンプスーパーアニメツア
BLEACH ジャンプアニメツアー 2004&2005

BLEACH ジャンプアニメツアー 2004&2005

価格:2,331円(税込、送料別)

月別アーカイブ
ブロとも一覧

音楽研究☆CHIMERATA!
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
ブリーチ占い
BLEACH解析機
RSSリンクの表示
BLEACH 5th Anniversary BOX
ルキア誕生日
一護誕生日